大切な人に新築祝いを贈るなら事前にリサーチをしよう

贈り物

最近の傾向を探る

香典返し

香典返しには、どのような物が選ばれているのでしょうか。最近では、ライフスタイルの変化によって、本来の香典返しの方法も少しずつ変わってきているといいます。昔は、一軒ずつ訪問して、忌明けの挨拶をして、手渡しで香典返しを贈ったといいます。今では、香典をもらった人に対して、忌が明けたことの報告も兼ねて返礼の品を郵送などで贈ることが一般的になっています。また、忌が開けていなくても、当日に香典返しを贈るケースも増加しているといいます。儀礼的なことよりも、それぞれのライフスタイルを優先した方法が選ばれる傾向にあるのです。贈る品物の金額としては、地域によっても異なりますが、半額で返す「半返し」や、三分の一程度で返す「三分返し」が主流となっています。故人の意向によっては、香典返しを贈らずに、いただいた香典はすべて寄付をするというスタイルをとっているケースもあります。しかし、ほとんどの場合では、「半返し」「三分返し」で香典返しの品を送付しているのが現状だといえます。忌明けの時期は、宗教や宗派によっても変わってきます。使われるのしも宗教によって異なってくるといいます。そして、香典返しとして、贈る物としては、消え物とよばれる、消費されて形が残らない物を贈るケースが多いといわれています。食べ物であれば、お茶やお菓子などが多く選ばれています。また、タオルや洗剤などの日用品も便利なアイテムとして人気が高いといえます。そして、最近では、カタログギフトも需要が伸びているといるのです。