大切な人に新築祝いを贈るなら事前にリサーチをしよう

贈り物

相手のことを思って選ぶ

ギフト

引き出物は、結婚式に参加したゲストが、新郎新婦や両家からもらえるお礼のギフトになります。昔は、引き出物といえば、新郎新婦の名前が刻まれた花瓶やお盆、お皿といった工芸品や食器などが一般的で、多くの結婚式で引き出物として選ばれていました。さらに、引き出物のお菓子としては、鯛をあしらった砂糖菓子や、紅白まんじゅうなどが贈られていたといいます。最近では引き出物の傾向も大きく変化していて、結婚式の参加者のことを思って考えられた引き出物が選ばれるようになっています。例えば、結婚式では、遠方からもわざわざ足を運んでくれるゲストも大勢います。日帰りではなく、結婚式の前日に前乗りしているゲストも多いでしょう。宿泊すれば、それだけ荷物が増えますし、もちろん日帰りのゲストも、大なり小なり荷物があるはずです。そこに、花瓶や食器など重い引き出物を持たせてしまっては、さらに負担を掛けてしまうでしょう。しかも、好みのデザインでなかったり、使いにくいアイテムであれば、持って帰っても実際に使うこともなく不要なゴミとなってしまいます。新郎新婦の名前などが入った記念品の要素が大きいアイテムであれば、人にあげたり、リサイクルショップに出すこともできずに、迷惑となってしまうケースが多いはずです。そこで、最近では、そうした心配がない引き出物を贈ることが主流となっています。引き出物としてカタログギフトを贈れば、さまざまな問題が解決されるので、今では、多くの結婚式の引き出物として選ばれているのです。